承認欲求を満たす話し方

ビジネスでも人間関係をグッと
縮める方法の一つが相手を認め、褒めることです。

「そんなの当たり前じゃないか」と言われるかもしれません。
でも実際に、常に相手を褒めている方って驚くほど少ないです。

あなたは、最近いつ褒められたでしょうか?
最近、褒められた事はありますでしょうか?

「昨日も上司に褒められたし、さっきも友人に褒められたよ!」
そう即答出来た方は、ものすごい環境に恵まれてますね!素晴らしいです。
きっと職場でもストレスなく、仕事を楽しまれているのだと思います。

でも、先の質問をすると8割近くの方が考え込みます。
それだけ「褒める事が大事」と、解ってはいても、
褒められる機会、褒める機会って少ないんですよね。
特に男性は・・・(笑)

ということで人を褒める話し方のポイントです。
すぐに実践できるのは、 「コダワリを発見するコト」 です。

スーツやシャツ、ネクタイなどの身につけているモノ。
髪のセットにすごく時間をかけていそうだったり、 流行に沿ったモノを身につけている人は、
本人もそこにコダワリを持っていて 「他の人とは違うんだ」というプライドを持っています。

そういった所を認めて褒めてくれると
人間が誰しも持っている 「他人から認められたい」という承認欲求が満たされるのです。

「おおー。この人はわかってくれてるなー!」
そんな印象を与えられれば、相手との距離が一気に近づきます。

相手がこだわっていそうな所を探してみる。
そしてそれに興味を持ち、なぜこだわっているのかを聞いてみる。
そしてその姿勢を褒めたり、認める。

そういった事で相手は 「自分の存在が認められている」と感じます。

「承認欲求―「認められたい」をどう活かすか? 」
という本を執筆されている同志社大学の太田氏によれば、
「現代の日本人の多くが承認の欲求に飢えている」と主張されています。

そのような昨今、自分の存在を認めてくれるアナタは
相手にとってかけがえのない存在になることは間違いないでしょう。

=====================================
2017年スタートダッシュを切るために、
話し方(
コミュニケーション能力)を診断してみる?
⇒ 自分の現状を把握する
=====================================

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。